ニキビ肌にハイパースキン脱毛

ニキビ肌にハイパースキン脱毛

光脱毛の場合、お肌にニキビがあるときは炎症を起こしている部分を避けて行わなければいけません。
これはレーザー脱毛でも同じです。と言いますか、レーザーの方が強い光を当てる分だけ注意が必要になります。
ニキビが出来ている部分が小さければ、絆創膏などでその部分をガードして、炎症を起こしている部分を避けて光脱毛することは可能です。
しかし、ニキビが出来ている部分が多くなったり、炎症が酷い場合にはそもそも施術できないこともあります。
そんな敏感な肌の方には、光脱毛よりもハイパースキン脱毛が適しています。
ハイパースキン脱毛は光脱毛よりも肌に優しい脱毛方法で、ダメージがゼロと言われています。
ハイパースキン脱毛と光脱毛は仕組み自体が異なります。
光脱毛は黒い部分に反応する光を照射します。肌の色素が濃い部分に影響を与えるので、ニキビで赤くなっている部分を避けなければいけません。
ハイパースキン脱毛は黒い部分に作用するのではないので、ニキビだけでなく敏感肌やアトピー肌でも脱毛が可能と言われています。
ニキビ肌で光脱毛を諦めた人にはハイパースキン脱毛がおすすめです。